ジェルネイルで爪が薄くなってしまう原因は?

ネイルをすると爪へのダメージが気になるという人がいるかもしれません。しかしジェルネイルは爪を強く守ってくれます。ジェルは薄い爪や弱い爪でもできるネイルであり、薄い爪の補強にもなります。しかしジェルを着けていたせいで爪が薄くなってしまったというトラブルが起きているのも事実です。ではなぜジェルネイルを着けていると爪が薄くなってしまうのでしょうか?その原因について考えてみましょう。

 

ネイルオフの仕方が悪い

ジェルネイルをつけて爪が薄くなってしまうのはネイルオフのやり方に問題があるケースがあります。ネイルサロンでジェルネイルをしてもらってはいるものの、ネイルオフでネイルサロンに行くのは面倒だったり、お金がかかったりするので自分でやるという人は意外と多いです。自分でネイルオフをするとどうしてもオフのやり方が間違っていたり、オフを繰り返したりすることで爪がどんどん薄くなってしまうことがあるのです。爪回りの皮膚部分にまでコットンを覆っていたり、ジェルがすでに溶けているのにも関わらずアセトンを必要以上に置きすぎてしまっていたりするということもあるかもしれません。ジェルネイルをオフする時にはアセトンを使用します。このアセトンが爪に与えるダメージは大きく、短期間で何度もアセトンを使用してオフをしていると爪がボロボロになってしまうでしょう。

 

ネイルサロンではリペアをすることも

ネイルサロンでジェルネイルをお直しする場合、アセトンオフではなく、一層目のベースジェルだけ残した状態にして、それ以外のジェルだけを削ってその上から新しいカラージェルを塗って、アートやラインストーンなどを置いたり重ねたりする方法もあります。この方法であればダメージを最小限に少なくすることができるでしょう。ジェルネイルを一回行ったら、すぐにアセトンオフするのではなく、リペアを1~2回程度おこなった後にアセトンを使用してオフするのが爪への負担を最小限に抑えることができるでしょう。

前回の記事で紹介した水野社長率いるネイルズユニークでリペアをしてもらうのもおすすめだと思います。